模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2018年1月/四六H/378頁/¥3,400+272] 
著=ハミッド・ダバシ 
訳=早尾貴紀/本橋哲也/洪貴義/本山謙二 
発行=作品社

目次:
[日本語版序文]翻訳可能性にさらされた亡命
ペーパーバック版への序文

第1章 亡命知識人について
第2章 ゴルトツィーエル・イグナーツとオリエンタリズムをめぐる問題
第3章 私はサバルタン主義者ではない
第4章 主体の創造的な危機
第5章 巡礼者たちの旅(天路歴程)-革命家の越境について
第6章 内方浸透ーエージェンシーなき知、ヘゲモニーなき帝国
第7章 新たなる有機性にむけて
結論 対話者を取り替える

[日本語版解題]
〈世界〉思想を求めて-越境的知識人ハミッド・ダバシを東アジアで読む | 訳者を代表して 早尾貴紀・洪貴義
1 本書の位置づけ | 早尾貴紀
2 東アジアの歴史経験と『ポスト・オリエンタリズム』 | 洪貴義
3 翻訳にあたって