模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

[2017年3月/A5H/368頁/¥3,800+304] 
著=藤井俊之 
発行=航思社

目次:
序論
第1章 「人間性」と「野蛮」の弁証法 - アドルノのイフィゲーニエ論を手がかりに
第2章 カテゴリーと媒介過程 - ベートーベンにおけるカントとヘーゲル
第3章 ざわめきとしての主観 - アドルノのアイヒェンドルフ論に寄せて
第4章 市民社会の幻影 - ワーグナーとファンタスマゴリーの技術

インテルメッツォ アドルノとベンヤミンの書簡による観想学的スケッチ

第5章 ベンヤミンのイメージ論 - クラーゲスとシュルレアリスムのあいだで
第6章 ベンヤミンのシュルレアリスム論 - 「内面性」の崩壊とイメージ空間の出現
第7章 アドルノのベケット論 - 市民社会論的解読の試み
結びにかえて

補章1 ドイツ啓蒙主義における「道徳性」と「美的なもの」 - レッシング『ハンブルク演劇論』第74‐79篇を手がかりとして
補章2 同情と啓蒙 - レッシングと批判理論における一致と差異