模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

若き原節子を“世界の恋人”たらしめた、戦前における「最初で最後の本格的輸出映画」の真相に切り込む

目次:
序章 世界への夢
第1章 日本映画の海外進出
第2章 『新しき土』の誕生
第3章 伊丹版・ファンク版の相違点
第4章 批評の諸相
第5章 『新しき土』製作期以降の輸出映画
第6章 関係者の運命
最終章 『新しき土』を生み出したもの

[2017年4月/A5H/376頁/¥4,500+360] 
著=瀬川裕司 
発行=平凡社