模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2016年12月/A5/148頁/¥1,000+80] 
著=白川真澄 
発行=研究所テオリア

はしがき

序章 日本の左翼の現在
・戦後日本の左翼といま
・左翼のいろいろな潮流
・左翼とは何か
・歴史的な反省のために

1章 敗戦と占領下の民主化
・戦後改革
・共産党主導の左翼

2章 「55年体制」の成立と高度経済成長の政治
・「55年体制」と高度経済成長
・青年学生の反乱と反公害運動

3章 「戦後革新勢力」の成功と弱点
・60年安保闘争の高揚
・経済成長に太刀打ちできなかったマルクス主義
・経済成長への対抗(1)-賃上げ闘争
・経済成長への対抗(2)-職場闘争
・反公害運動の思想的意味
・革新自治体の出現

4章 新左翼運動の歴史的意義と限界
・開発主義と利益誘導政治の展開
・地域住民運動と三里塚闘争
・国家的公共性と経済成長の論理に対抗
・地域住民運動の主体の問題
・新自由主義政治の始まり
・社会運動の転換-総評解体と反戦平和運動の退潮
・多様なシングル・イシュー型の社会運動の噴出
・自己変革を怠った左翼

5章 経済大国化と新自由主義の政治の始まり-社会運動の転換
・新左翼の登場
・68〜69年の反乱
・敗北から学べなかった
・暴力の問題
・新しい《全体性》の形を求めて

6章 ポスト冷戦時代の政治-右翼主導の保守政治
・自民党一党支配の崩壊と非自民連立政権
・右翼ナショナリズムの跋扈と小泉ポピュリズム政治
・社会運動が獲得した手がかり

7章 民主党政権の誕生から安倍政権の復活へ
・民主党政権の誕生と失敗
・なぜ、民主党政権は躓いたのか
・安倍政権の登場-極右が主導する保守政権
・米国覇権の凋落と安倍政権
・アベノミクスと不安定化する世界経済
・安倍政権を支えるもの

8章 3.11後の社会運動の新しい波
・脱原発運動の高まり
・よみがえるデモ
・新しい政治表現は生まれたか

9章 左翼は再生できるか
・格差と不平等の拡大-左翼再生の歴史的条件(1)
・格差と貧困を撃つ大きな社会運動の出現が不可欠
・大転換迫られる税と社会保障
・左翼の側からのオルタナティブ
・改憲・平和主義をめぐる攻防-左翼再生の歴史的条件(2)
・新しい生き方を始めた人々-社会的基盤

終章 再生されるべき政治主体は何か-左翼
・右翼・保守に対抗する左翼とリベラル
・リベラル派の限界
・反資本主義的左翼の自己脱皮へ