模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

 

[2015年11月/A3/206頁/¥1,296+104] 
特集=新日米同盟と沖縄・女性の自己決定権 
発行=情況出版

目次:
巻頭言 新開純也
川内原発再稼働阻止・ハンスト宣言  川内原発ハンスト宣言
展望を切り開いた闘い  松平直彦
中国観照(第7回)閲兵ブルーの北京 矢吹晋

〈巻頭特集〉新日米同盟と沖縄・女性の自己決定権
思想の窓  川満信一
辺野古は今  安次富治
安保は沖縄で起きている!  新垣毅
接続する反戦平和運動へ-社会運動をめぐる言葉の現在地  大野光明
なぜいま琉球独立なのか  松島泰勝

シマ連合社会における自治の可能性-沖縄にこだわり、沖縄を超える  安里英子
複合差別という問い  親川裕子
米兵の暴行による「傷」の所在を問う  宮平あい
フェミニストの視点に立つ県外移設論に向けて  玉城福子

アサド政権とシリアの行方(上)  重信房子
列島王朝交代史試論2 九州王朝の変遷  室伏志畔
東アジアの平和のための日韓労働者連帯闘争  許栄九 [翻訳]迫田英文
中国の近代化と「アジア的なもの」  瀬戸宏

〈特集〉書評:市田良彦著『存在論的政治』
「すべては政治である」そして「真の政治は形而上学である」  松本潤一郎
存在論と主体化-市田良彦の哲学とは何か  佐藤嘉幸

〈書評〉『日本人「慰安婦」-愛国心と人身売買と』(現代書館)  森田也也
〈時評〉手作り感溢れるミュージック・フェスティバル  伊達政保
りべるたんで会おう!(4)-繰り返される弾圧  菅谷圭祐