模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

目次:第1章 1923年9月、ジェノサイドの街で(1923年9月1日土曜日午前11時58分関東地方-マグニチュード7.9/9月2日日曜日未明品川警察署前-「朝鮮人を殺せ」 ほか)/第2章 1923年9月、地方へと拡がる悪夢(1923年9月北関東-流言は列車に乗って/9月4日火曜日夜熊谷-「万歳」の声とともに ほか)/第3章 あの9月を生きた人々(あまりにもひどい光景だったーノンフィクション作家・保阪正康の父が生きた人生/「鮮人の頭だけがころがつて居ました」-子どもたちの見た朝鮮人虐殺 ほか)/第4章 90年後の「9月」(悼む人々 「四ッ木橋」のたもとに建った碑/憎む人々 よみがえる「朝鮮人を殺せ」 ほか)

[2014年3月/四六判/215頁/¥1,800+90] 著=加藤直樹 取引代行=トランスビュー 発行=ころから