模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

非合法地下16年・獄闘16年 不屈の死闘戦で爆取弾圧-獄殺攻撃を粉砕!いま、権力闘争の最前線から「民主主義=人類共通の価値」論を徹底的に批判する//目次:序章:1.マルクス主義国家論の現在的位置/2.戦略-スターリン主義とその亜流の破産/1章.一定の先行提示:補足1.吉本隆明「共同幻想論」批判/補足2.柄谷行人批判/2章.マルクスの方法と国家論:1.本質認識を可能とする方式/2.国家=「公共」論が発生する根拠と構造/3.平和革命か暴力革命か/3章.エンゲルス「分業国家論」と「共同利害」:1.初期「共同利害」の前提にある人間一般の「国家=共同体論」/2.『資本論』の方法に反するエンゲルス-民主主義の美化/3.エンゲルス「共同利害」を巡る思想的問題の要約/4章.レーニン国家論:1.国家論を巡る議論の焦点/2.「レーニン主義」について/結語 死闘戦の思想について-本格的権力闘争を可能とする思想と団結

[2013年2月/A5H/239頁/¥2,000] 著=新宮紀一 発行=現代社