模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

行政文書と実地取材を通してリアルな同和と在日を追求するというコンセプトで、毎月同名の電子雑誌を発刊しています。これはその3号分をまとめて冊子化したものです。この本はメディアのお約束(例えば同和といえば差別される可哀想な人々であるとか、逆に利権の温床であるといったステレオタイプな報道)に一切縛られずに書いています。両極端な意見にそれぞれ配慮して中立性を保つのではなく、とにかく事実を直視しようというメディアの原点を追求しています。それゆえに、普通の出版社では書けないようなことまで踏み込んで書いています。//目次:博多の不動産王 部落解放同盟副委員長 松本龍環境・防災担当相の真実/韓国大好き片山善博総務相が鳥取県でやってきたこと/鳥取県鳥取市 同和対策固定資産税減免を申請してみた/滋賀県草津市 ゴージャス隣保館見学記/部落出身をカムアウトした”プロ同和”村崎太郎氏の故郷山口県光市から現地ルポ/神奈川県横須賀市に残された同和住宅の謎を追う/ほか

[2011年4月/B6/152頁/¥1,200+60] 著=鳥取ループ・三品純 発行=示現舎

 在庫切れ
 〈web版 模索舎月報〉自選文

『同和と在日』〜示現舎より