模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

目次:第一部 吉本隆明の表出=抵抗論:表出と抵抗――吉本隆明〈表出〉論についての省察/〈意志〉の思考――1978年、ミシェル・フーコーと吉本隆明の対話」ほか/第二部 中上健次と部落問題:中上健次と戦後部落問題/〈路地〉とポルノグラフティの生理学的政治/第三部 アジアの民衆表象:アジア全体にあらわれている疲労という感覚――賈樟柯『長江哀歌』の映像言語/街道の悪徒たち―『国道20号線』の空間論と習俗論」ほか/第四部 農民論:ある想念の系譜―鹿島開発と柳町光男『さらば愛しき大地』/1930年代農村再開とリアリズム論争―久保栄と伊藤貞助の作品を中心に/

[2010年10月/四六H/312頁/¥3,200+160] 著=友常 勉 発行=以文社