模索舎store
当ページに掲載されていない商品も多数ございます。 右の「サイト内検索」でお探しになるか、電話、 メールにてお問い合わせください。

◆呪われた愛

いまは失われた楽園、不正も飢餓も存在しないことになっていた「理想」の封建的な農業社会が生んだ独立派の架空の英雄政治家ウバルディノをめぐる真実を、複数の証人が明かしてゆくスリリングな展開。郷土小説家と息子が語る、いわば公式的な解釈に立ち向かい、疑問を呈するのは3 人の女性――妻、奴隷、看護婦である。

[2004年9月/四六判/227頁/¥2,500+125] 著=ロサリオ・フェレ 訳=松本楚子 発=現代企画室